案件書の取り扱い

案件書の取り扱い

案件書の取り扱い

案件書の取り扱い

探偵は、仕事を請け負うときには、案件書というものを作成します。中には、依頼の内容やクライアント、ターゲットの個人情報について、詳細に書かれています。この書類の取り扱いについては、慎重を期す必要があります。

 

 

 

もちろん、気軽に外に持ち出すべきではありません。いくら気をつけていても、どこかに落とすとか電車の中などに忘れてしまう可能性もあります。
また依頼内容をすべてこなして、終了をしたら、案件書はきちんと処分をすることが重要です。

 

 

 

ただごみ箱に捨てても、だれかがそのゴミを不正に入手して、内容を悪用する可能性も否定できません。ごみとして処分をすることはもちろんですが、シュレッダーなどにかけて、中身がばれることがないように、慎重に取り扱いをすべきといえます。

 

 

 

顧客情報の漏えいということが、問題になることがあります。探偵にとって、案件書が顧客情報を含んでいるということを重々意識をして、慎重に取り扱う必要があります。

 

 

 

 


 
Copyright (C) 2010 探偵の仕事 All Rights Reserved.