人の役にたつ?

人の役にたつ?

人の役にたつ?

人の役にたつ?

情報の提供が必ずしも人の役にたつかということで考えるとどうかと思いますが、その情報によってなんらかの迷い、悩みが晴れて解決するということは言えると思います。

 

 

 

そうして依頼人がその結果に感謝してくれることがあれば、それは探偵にとって一番の喜びです。もちろん依頼人にとって都合がいいことばかりではないと思います。なかには辛い事実も告げなければいけないこともあります。でもそれによって、白黒はっきりつけることができます。

 

 

 

結果はそこにあり、疑心暗鬼で悩んでいるよりは精神的にすっきりするでしょう。そこからまた新しい一歩を踏み出すことができるし、そのお手伝いができるのです。浮気調査の場合、その離婚調停を含めて泥沼化して、本当に自分が人の役にたっているのかどうか疑問に感じてしまうこともあり、または探している人がすでに死亡しているなど、調査によって悲しい結果がもたらされることがあります。

 

 

 

でもそれはそれ、いつか必ず起こることで、もしそのことによって物事が早期解決の糸口を見つけたならいいではありませんか。そう考えられませんか。すくなくとも悩みの解決には役立っているし、悩みの相談にのっている話を聞いてあげただけでも依頼人にとってかなり助かります。

 

 

 

いままでこんなことだれにも話せなかった、という秘密を話すことが出来る探偵は、職業上の約束から知り得たことは外部にはいきません。そのことで、リラックスして話ができたと喜ぶ依頼者もいます。

 

 

 

やさしく、ボランティア精神のある人もこうした依頼人の悩みを聞くには向いているでしょう。


 
Copyright (C) 2010 探偵の仕事 All Rights Reserved.