探偵の仕事内容

探偵の仕事内容

探偵の仕事内容

探偵の仕事内容

探偵がどのような仕事をしているかということについては、それぞれの探偵業者のサイト上に独自の分類方法で具体的に紹介されています。それによると、探偵の仕事内容はおおよそ次のとおりです。

 

1つ目は、「相談対応業務」です。クライアントの悩みや依頼内容などを聞き、その解決策を具体的に提案する仕事です。まだ正式な受注を受けていない段階での仕事で、相談者が納得できる解決策を提案できるかどうかが決まる重要な仕事と言えます。

 

2つ目は、「調査業務」です。調査業務は探偵の中心的な仕事で、相談対応業務で確認・決定したクライアントからの依頼内容に沿って聞き込みや尾行、張り込みなどを行って依頼に係わる情報を収集する仕事です。
探偵が行う「調査」は種別が多く、個人からの依頼による調査には「行動素行調査(浮気調査)・行方不明調査・所在調査・結婚調査」などがあります。また、法人からの依頼による調査には、「企業信用調査・人事調査・市場調査」などがあります。

 

3つ目は、「資料作成業務」です。調査業務を行うことで収集した情報を、「調査報告書」としてまとめる仕事です。調査報告書はクライアントが調停や裁判で利用することもある資料ですから、それに耐えられるレベルのものに仕上げる必要があります。

 

以上の3つが探偵のメインの仕事ですが、その他の仕事として、調査の際に使用するさまざまな機材を手入れする「機材整備業務」や自社を広告するティッシュやチラシ配りを行う「広報業務」を挙げる業者もあります。

 


 
Copyright (C) 2010 探偵の仕事 All Rights Reserved.